028250
シニアな日々と自転車

1: 新旧サドルのレール長について (0) / 2: 猪野ダムは山肌?が剥き出しに・・ (0) / 3: シフトレバーの組付けを終了 (0) / 4: エルゴパワーレバーの分解 (0) / 5: エルゴパワーのオーバーホールに挑戦 (0) / 6: トリプル用のクランクとチェーンリングを差し上げます (5) / 7: STIレバーをエルゴパワーレバーに戻す (0) / 8: 転倒から2週間 (0) / 9: 心身の痛みも少しずつ癒える (0) / 10: とりあえず病院へ行く (0) / 11: 久しぶりに自転車でこける(自転車ごと転倒!) (0) / 12: 股関節&腰回りの筋力強化 (0) / 13: 電車/列車での輪行を考える (0) / 14: 金毘羅さんの長〜い階段も上り切れました (0) / 15: 久々の灯台探訪です (0) / 16: e-BIKEなるものが流行り始めているらしい  (0) / 17: 快適ないちにち (0) / 18: 久々のロード2 (0) / 19: 久々にロードを走ってみました (0) / 20: 久々にロードを走ってみました (0) /
おなまえ
合い言葉 ※必須、「のんびりし」と入力して下さい
上の合い言葉欄には「のんびりし」とひらがなで5文字入力してください
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
添付File  (300kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

◆ e-BIKEなるものが流行り始めているらしい 投稿者:牛ちゃん
もっと体力(脚力)が落ちて坂道が辛くなったらスポーツタイプの電動アシスト自転車を利用するのもありかなという思いと、そうまでして自転車に乗り続ける意味があるのかという自転車野郎(というか自転車じじい・・・?)の意地みたいな相反した思いを持ち続けていたが、その気持ちを軽くしてくれるニュースが流れていた。数年前からヨーロッパを中心にスポーツタイプの電動アシスト自転車が流行っていてその流れがいよいよ日本にも届き始めたそうだ。驚くのは走行距離の長さで、これまでの日本的常識では70〜80kmがせいぜいだったものが200kmを超えるものが普通になっているらしい。そうなると気になるのは車重で、輪行できる範囲に収まっていればツーリングでも使えるかもしれないし、自転車野郎(あ、自転車じじいか・・)の寿命もぐ〜んと伸びるかもしれない。日本製のものも揃いつつあるそうなので、いろいろと調べてみるつもりだ!。また、なんと、あの片山右京が日本イーバイク協会なるものを設立したそうで、これまた興味深い。

2018/11/10(Sat) 09:39:39 [ No.176 ]

◆ 快適ないちにち 投稿者:牛ちゃん
いつものトレーニングコースを走ってみた。朝は放射冷却もあって冷え込んだので、レーパンやグローブはロングを着用したが、次第に暖かくなり風もなくて快適な一日を楽しむことができた。久々(1年以上間がある)に走るコースだけに久原ダムから山之内地区(割烹桂川付近)に出る山道はすごく荒れていた。北側から博多バイパスへ入るルートはすぐに一般道へ降りるので、下原交差点でいったん県道504号線へ入り脇田交差点から入ったほうが良いようだ。SHIMANOのシフト感覚にはかなり慣れてきたが、それでも時々、親指でシフトアップしようとしてしまう。あっと気づいて中指で操作するが体に染みついた習慣は簡単には切り替わらないようだ。

道端の柿の木には黄色く色づいた実がたわわになっていたが、収穫されるのだろうかと気になってしまう。私が小さい頃は甘い実がなる柿の木は他所の家のものも含めて把握していて無断で頂戴したものだ。最近は甘いものが簡単に入手できるので柿の実なんかには目もくれないのだろうが熟した実が野鳥の餌となって自然の役に立っていることで良しとするんだろうね。また、川面には北の国から渡ってきたと思われる野鳥が増えていて秋を感じますね〜!。

腰椎間板ヘルニアを発症して1年が過ぎたが、少しずつ以前の自転車ライフに戻れている。田舎での家庭菜園や介護作業など、腰に負担がかかる作業中は骨盤ベルトを着用するようにしているので最近は痛みはないが、ツーリングなどで数日にわたって負荷が継続するような状況にどうなるのか心配(不安)は残っている。少しずつトレーニングを積み重ねながら心配(不安)の解消に努めるのだろうが、焦ってはいけないと常に言い聞かせている。

2018/11/03(Sat) 17:27:36 [ No.175 ]

◆ 久々のロード2 投稿者:牛ちゃん
ひと月ぶりのロードはちょっとルートを変えてみましたが、いろいろな新しい発見がありました。ばあさんの介護でちょっと無理しすぎてヘルニアと思われる痛みが出始めたので、1週間ほど体を動かすのを自粛したり、介護や家庭菜園では腰痛対策ベストを着用するなどの対策を重ねたところ、ほぼ痛みが消えたので恐る恐るではありますが室内でのマシントレーニング、そしてロードでの走行を再開しました。

今回は、コースを変えて宗像方面へ走ってみましたが名島付近から香椎市街を迂回する新しいルート(博多バイパス・名島〜下原)が完成していて、自転車にとってもうれしいニュースでしたが、下原(バイパス北口)付近は自転車にとって非常に分かり難かったのが気になりました。まあ、基本的には自転車のことは考えられていないのでしょうが・・・。大根川にも旧西鉄宮地岳線の鉄道橋を利用した歩道橋が出来ていました。付近の国道199号線は車道/歩道ともに狭いので使えるかもしれません。天気も良くて行楽日和だったので、多くの自転車乗りとすれ違いました。こっぱずかしいようなウェアを着ている人もいましたが私はああいう派手なウェアはいやですね。ちなみに私のウェアは白い長袖ポロシャツと黒の短レーパンでした。また、ヘルメットを被っていない人は自転車乗りには含めませんし挨拶もしません。最近は心拍数とケイデンスを計れるメーターを26HEツーリングにも装備したので走行中のデータ(特に上り坂や疲れてきた時の状況など)を見ることが出来るようになったので、なかなか面白いと感じています。前回の不具合については対策して出掛けましたが、走ってみるとまた別な不具合?が見つかるので、それをまた改善してコンディションをアップし来春には泊りがけのツーリング、来秋には北海道へ出かけられるようにしたいですね。

現状での一番の心配は疲れ(が蓄積し)た時の腰痛再発ですが、心配ばかりしていても仕方がないので、とりあえずは距離を重ねていきます。

2018/10/25(Thu) 09:47:21 [ No.174 ]

◆ 久々にロードを走ってみました 投稿者:牛ちゃん
椎間板ヘルニアを発症して10か月が過ぎ、また気候も少し涼しくなってきたので、いつもの練習コースに出かけてみました。

久々のロードトレーニングは、軽めのギアでの走行や急坂をパスしたこともあって腰や足が痛くなることも無く、どうにか慣らし運転が済んだというとこです。2〜3日して痛みが出るかもしれないという心配もありますが、回復の新しい段階へ進むことが出来たようでほっとしています。

自転車も、シマノSTIのシフトダウン操作やブレーキレバーの遠さになかなか慣れないし、出来ることならカンパのエルゴパワーに戻したいところですが、そうなるといろいろなパーツも戻すことになるので、当面は指の短いライダー用のパッドスペーサーを試してみようと思っています。
キャッツアイのケイデンス/心拍メーター(CC-PA500Bパドローネスマート)も試してみましたが、フレームに固定すると段差を越えるショックで表示が切り替わってしまううえに、表示の切り替えがやりにくいので、スマホタッチで操作できる他社製のものに優位性を感じました。

他にもいろいろありますが、いろいろと言えるのも走れるようになったからで、これからも無理しない程度に少しずつペースアップしていこうと思っています。走れるって幸せですね〜!

2018/09/20(Thu) 10:42:28 [ No.173 ]

◆ 久々にロードを走ってみました 投稿者:牛ちゃん
椎間板ヘルニアを発症して10か月が過ぎ、また気候も少し涼しくなってきたので、いつもの練習コースに出かけてみました。

久々のロードトレーニングは、軽めのギアでの走行や急坂をパスしたこともあって腰や足が痛くなることも無く、どうにか慣らし運転が済んだというとこです。2〜3日して痛みが出るかもしれないという心配もありますが、回復の新しい段階へ進むことが出来たようでほっとしています。

自転車も、シマノSTIのシフトダウン操作やブレーキレバーの遠さになかなか慣れないし、出来ることならカンパのエルゴパワーに戻したいところですが、そうなるといろいろなパーツも戻すことになるので、当面は指の短いライダー用のパッドスペーサーを試してみようと思っています。
キャッツアイのケイデンス/心拍メーター(CC-PA500Bパドローネスマート)も試してみましたが、フレームに固定すると段差を越えるショックで表示が切り替わってしまううえに、表示の切り替えがやりにくいので、スマホタッチで操作できる他社製のものに優位性を感じました。

まあ、いろいろと言えるのも走れるようになったからで、気候が良くなるにつれて、少しずつペースをアップしていこうと思っています。無理しない程度にね!。

2018/09/20(Thu) 10:40:39 [ No.172 ]

◆ 例年であれば 投稿者:牛ちゃん
例年であれば、この時期には秋の北海道ツーリングのコースや日程を決め、詳細な検討に入っているが、今年は椎間板ヘルニアの影響で自転車ツーリングに行こうという自信も体力もないので、もう少し涼しくなった時期までトレーニングを積み、そのうえで足慣らしを兼ねて近場(多分、九州内)を走り始めることになるだろうと思っています。

来年の初夏頃には北へ走りに行きたいと思っていますが、それもこの秋に少しづつステップを踏んで体力、自信を回復してからのことでしょう。まあ、慌てて椎間板ヘルニアを再発してもまずいし、ゆっくりじっくりと進めて行くのが一番の近道でしょう。等々と言い聞かせながらもうしばらくは辛抱ですね。

いずれにしても、歳を重ねるといろんなところにガタがくるし、体力/脚力も低下してくるので、その時期にあわせた自分なりのペースを探しながら、自転車ライフを続けて行くつもりです。

2018/08/11(Sat) 17:35:07 [ No.171 ]

◆ 田舎での作業で腰を痛める・・・ 投稿者:牛ちゃん
家庭菜園の作業で無理をして、腰をちょっと痛めてしまったので、今週はマシントレーニングを中止します。腰椎間板ヘルニアの痛みでは無いので、それほど心配することはないと思っていますが、大事をとって今週はマシントレーニングを中止することにしました。

腰椎間板ヘルニアと言う持病?を持っているからといって気にし過ぎかもしれませんが、まだまだ自転車に乗り続けたいので無理はしません。他の作業も出来るだけ控えて、腰の回復に努めます。

2018/07/23(Mon) 18:52:51 [ No.167 ]
◇ Re: 田舎での作業で腰を痛める・・・ 投稿者:牛ちゃん
1週間ほどで腰(左側)の違和感はほとんど感じなくなりました。軽めにトレーニングを再開します。

2018/07/31(Tue) 09:53:21 [ No.168 ]

◆ 秋のツーリングプランを検討中 投稿者:牛ちゃん
例年、秋には北海道ツーリングを計画しているが、椎間板ヘルニア病み上がりの身としては、今年は無理をしない方が良いような気がしている。まだまだ、十分なトレーニングが出来ていないし、長時間自転車に乗った時に腰が耐えられるかの確認もできていない。そういう状況で輪行を含む長旅に出るのは、ちょっと無理だろうな。

現在は室内でのマシントレーニングにより筋力を回復しながら、腰に痛みが出ないことを確認している段階で、ロードでの走行も出来れいない段階だ。このままトレーニングがスムーズに進めば10月頃からロード走行を始られるレベルなので、まだまだロングツーリングうんぬんは語れない状況だね。あわせて、ツーリングに携行する装備の見直し、軽量化も検討するつもりです。

2018/07/19(Thu) 20:13:31 [ No.166 ]

◆ マシントレーナーから異音が・・・ 投稿者:牛ちゃん
◆ マシントレーナーから異音が・・・2011年に購入したマシントレーナー・ミノウラM70-Rのフライホイール周辺から異音(何かが擦れているような音)が大きくなってきました。これまでも異音が出始めて次第に大きくなっているのが気になっていたので、トレーニングを中断して分解/調査しましたがが、特に壊れたり外れたりしたような部品/箇所も無かったので、再度組み上げてトレーニングを再開しましたが、しばらくするとやっぱり異音が出始めました。このトレーナーも7年半使用しているので、そろそろ寿命かなとトレーニングの後で代替機を探し始めましたが、フライホイールを含むマグユニット単体で販売されているのが見つかりました。新規購入する場合の半額程度の金額だったし、不具合がある部分だけを交換できるので早速注文したところです。M70-Rはすでに製造中止になっていたので、予備のパーツが見つかったのはラッキーでした。

まだまだ、トレ-ニングは続けたいので、本体価格のほぼ半額で交換/修理できるのは大助かりです。


2018/06/26(Tue) 20:33:48 [ No.164 ]
◇ Re: マシントレーナーから異音が・・・ 投稿者:牛ちゃん
「ミノウラ B60-R・M70-R 兼用マグユニット」が届きました。とりあえず交換したので、明日の午前中に使用して具合をみます。
⇒試走した結果、音は静かだし、手元レバーでの負荷切り替えもスムーズになり、ストレスも少なくて非常に快適です。

2018/06/29(Fri) 16:47:30 [ No.165 ]

◆ 腰椎間板ヘルニアのその後 投稿者:牛ちゃん
腰椎間板ヘルニアを発症して6ヶ月間は痛みをブロックする薬を服用していたが、6ヶ月を目途に薬の服用を止めている。6ヶ月というのは、ヘルニアにより圧迫された坐骨神経のダメージ(傷など)が回復する目途となる期間らしく、薬を止めて痛みが戻らなければ薬の服用を止めるというのがストーリーらしい。といってもヘルニアが完全に消えていないので、左足大腿部の外側(表面)や足首の内側に痺れが残っていて、時折り強い痺れ感やピリッとしたが走ることがあり、慌てて姿勢を正したりもする。間もなく発症から8ヶ月が過ぎようとしているが、最近は、痺れを意識することが少なくなっていて、ピリッとした痛みや強い痺れ感を感じる回数が徐々に減っている気がする。今でも少しずつ回復している(ヘルニアの出っ張りが減っている)のかな?。

この調子だと痺れが消える日が来るかもしれないと、期待してしまいそうだが、いずれにしても無理せず、頑張らず、ぼっちぼっちと進めて行きたい。

2018/06/16(Sat) 09:51:26 [ No.163 ]

◆ トレーニング用のタイヤが変形した 投稿者:牛ちゃん
室内でのマシントレーニングでは、Vittoria(ビットリア) ZAFFIRO PRO HOME-TRAINER 700×23cタイヤを使っていますが、前回のトレーニング後に普通に立てていたら、タイヤの一部(多分、床に触れていた部分)が少し凹んでいました。その状態でトレーニングに使用しましたが、トレーニング後には凹みはほぼ戻っていました。タイヤが温まった状態で立てていたので床に触れていた部分が変形し、トレーニングで温まって元にもどったのでしょう。これまで気付かなかったのか、トレーニングマシンから外したのが早すぎたのかどちらかでしょうが、普通のタイヤでは経験したことが無かったので、トレーニングタイヤの特性なのでしょうね。

これからは、ディスプレイスタンドを使って後輪を浮かせておこうと思っています。

2018/06/14(Thu) 14:12:52 [ No.162 ]

◆ カンパとシマノのスプロケット 投稿者:牛ちゃん
◆ カンパとシマノのスプロケット26HEのSHIMANO版リアホイール(タイヤ)が仕上がりました。組み上げたホイールにシマノのカセットスプロケットCS-6700(10s、12/30t)を組みつけたものです。

いろいろと調べたところ、カンパ10sとシマノ10sでは、スプロケットのギアの厚み、スペーサー厚みが異なるため(合計値も違います)、ギアをチェンジする度に差が広がっていくことが分かりました。

ギアの厚みとスペーサーの厚みの合計値が同じであれば、シフトレバーの引き量が同じになるので互換性があると言えるでしょうが、ギアをチェンジする度に差が広がっていくようでは、どのギアに合わせても、その前後のギアしか使えないことになります。基本的には、シマノのスプロケットには、カンパのエルゴパワーレバーはマッチしないということですね(裏技はあるようですが、そこまでは・・・)。

ということで、このSHIMANO版リアホイール(タイヤ)を使うためには、SHIMANOの10sSTIも必要になるようです。でも、2〜3枚のギアを使って、Myリアホイールが使用(酷使ではありませんが)に耐えることだけは確認しようと思っています。


2017/03/14(Tue) 11:59:06 [ No.122 ]
◇ Re: カンパとシマノのスプロケット 投稿者:牛ちゃん
SHIMANOの10sSTIに交換すると、ブレーキもSHIMANOに変更することになります。

輪行しなければ、ホイールを外したりセットしたりする必要が無いので、カンパのブレーキのままでもそれほど不具合(不自由)は無いかもしれませんが、輪行するとなるとホイールを着脱する頻度が高くなるので、ブレーキも交換した方が良さそうです。

シマノのリアハブにすると、ドミノ倒しのように、いろいろなパーツをシマノ化することになるようです。
 ハブ⇒スプロケット⇒STIレバー/ハンドル/チェーン⇒ブレーキ
調べていると、いろいろな機能をアップしたパーツが出ているようです。試してみたくなりますね。

2017/04/11(Tue) 18:54:03 [ No.124 ]
◇ Shimano化したドライブトレーンで走ってみました 投稿者:牛ちゃん
あれから1年以上がたちました。腰椎間板ヘルニアになってしまったこともあって、なかなか実現出来なかったShimano化した走二郎での試走がやっと実現できました。
2017年4月の投稿でも書きましたが、ホイール組みから始まったSHIMANO化が、ハブ⇒スプロケット⇒ステム/ハンドル⇒STI⇒ブレーキアーチと進み、現在は、3分の1がCampagnolo、3分の1がShimano、残りの3分の1(フレーム、クランクセット、BB、サドル等)がそれ以外という状況です。究極のハイブリッドという感じで、駆動系はクランクセットがSugino、チェーン、フロントディレンラー、リアディレイラーがCampagnolo、スプロケットやSTIがShimanoです。こんな組合せで動くの?と思われそうですが、これがちゃんと動くんですね。事前調査でもどうにか動くだろうと思っていました。

15年間Campagnoloを使い続けてきて、いまさらShimano?という感じもありますが、SHIMANOのリアハブで組んだホイールでロードを走ろうとすると、どうしてもブレーキアーチまでSHIMANO化が必要になってきます(自転車のコンポーネントはブレーキレバーとブレーキアーチがセットになってホイールの着脱が出来るので、カンパニョーロのエルゴパワーレバーをシマノのSTIに取り替えるとブレーキアーチも交換することになる)。ある面では、いろいろと交換したり、いじったりするのが好きなので、スモールパーツが揃っていて入手しやすいSHIMANOを使ってみたいと言う気持ちもあるのかな?。現状のままでも特に大きな問題はありませんが、最終的にはディレイラーやチェーンもシマノに交換出来るよう同じグレードのパーツを手配済みです。

2018/06/05(Tue) 20:12:44 [ No.161 ]

◆ 久々のロードトレーニング 投稿者:牛ちゃん
久々に四王寺山の麓(途中)まで走ってみました。自転車に長い時間乗っても腰椎間板ヘルニアの痛みが再発しないか、左足の痺れが強くならないかをチェックし、次のステップへ進めるかを確認するためですがが、SHIMANO化した足周りでの試走も兼ねています。

久々のロードだし、病み上がりの身なので、比較的に平坦なルートを選び、ギアを軽めにして踏み込み時の負荷を軽くし、同じ前傾姿勢を続けないようハンドルバーを持つ位置を変えたり、サドルに座る位置を前後にずらしたりもしましたが、2時間ほど走っても特に問題はなかったので一安心です。でも、昨年はフロントセンターで上った坂がフロントローでしか上れない…、まあ、これは強く踏み込むのが恐いので軽いギアへ早めに切り替えていることもあってやむを得ないというところです。より長い時間ペダルを踏み続けた時にどうなるかという心配はありますが、筋力/脚力がまだまだ戻っていない状況なので、しばらくはパスハントは禁止です。ここまで走れるようになっただけで良しとしましょう、一時期はもう二度と自転車には乗れないかもしれないと絶望した時もあるのだから…。もっと楽な気持ちで取り組んだ方が良さそうです、特にこの一年はね!。

あせらず、急がず、ゆっくりと!。

2018/05/29(Tue) 14:21:55 [ No.159 ]
◇ マシントレーニング中、左足にピリッとした痛みが 投稿者:牛ちゃん
室内でマシントレーニング中、30分を過ぎた頃に左足大腿部外側にピリッとした痛みが走りました。腰を伸ばしたり前傾姿勢を浅くしたりしましたが再度痛みが出たので、大事をとってクールダウンし中止しました。軽めの負荷で実施していて、無理はしていないつもりでしたが、先日ロードに出たのが影響したのかも。中止後は痛みは消えましたが、ちょっと調子に乗り過ぎたかな?。

2018/05/31(Thu) 17:26:03 [ No.160 ]

◆ ファルトボートは手放すことにしました 投稿者:牛ちゃん
2013年に念願のファルトボート(折り畳み式のカヤック)を購入し、リタイヤ後の楽しみ/趣味を広げようと考えていましたが、丁度その頃に親の介護に手が掛るようになって時間が取れなくなり、ボート遊びも中断したままになっていました。

最近、はやりの断捨離ほどでありませんが、少しずつ身辺整理を進めていて、また昨秋に腰椎間板ヘルニアを患いリハビリにあたっては、やはり自転車を優先することから、ファルトボートを手放すことにしました。まだまだ良い状態で綺麗にしているので、大阪の専門店に引き取ってもらい、専門家の目でチェックしてもらったうえで、また誰かのもとで可愛がってもらえれば良いなと考えています。

時間がとれるようになり、体力も回復したら、別な形でボート/カヤックを楽しみたいと考えています。

2018/05/23(Wed) 18:26:35 [ No.158 ]

◆ 1時間のマシントレーニングにチャレンジ 投稿者:牛ちゃん
今日は、軽めの負荷ですが1時間のマシントレーニングを実施し、腰への負担やダメージ/痛みが再発するかどうか確認してみました。結果的にはほとんど問題無かったので、しばらく1時間メニューを続けてみようと思います。

遅々とした歩みですが、確実な一歩です。

2018/05/22(Tue) 20:00:22 [ No.157 ]

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Modified by isso