013392
シニアな日々と自転車

1: 旭岳ロープウェイ山麓駅 (5) / 2: 早朝ラン (1) / 3: 北海道2017 (5) / 4: 蝉が鳴き始めました (0) / 5: 九千部山 (1) / 6: 猪野ダム (0) / 7: トリプル用のクランクとチェーンリングを差し上げます (2) / 8: メカは進歩していますね〜! (0) / 9: 四王寺山から大宰府/都府楼 (0) / 10: 久々のロード (1) / 11: カンパとシマノのスプロケット (1) / 12: トレーニングスペース (0) / 13: 季節前の手入れとして (0) / 14: 仮組み (3) / 15: スポークが届きました (1) / 16: ホイール組を始めました  (1) / 17: トルクレンチを使うぞ! (1) / 18: チェーンの交換/調整を終了 (0) / 19: 自転車の塗料探し (0) / 20: 走二郎のクランク取付トルク (1) /

[ 指定コメント (No.124) の関連スレッドを表示しています。 ]

◆ カンパとシマノのスプロケット 投稿者:牛ちゃん
◆ カンパとシマノのスプロケット26HEのSHIMANO版リアホイール(タイヤ)が仕上がりました。組み上げたホイールにシマノのカセットスプロケットCS-6700(10s、12/30t)を組みつけたものです。

いろいろと調べたところ、カンパ10sとシマノ10sでは、スプロケットのギアの厚み、スペーサー厚みが異なるため(合計値も違います)、ギアをチェンジする度に差が広がっていくことが分かりました。

ギアの厚みとスペーサーの厚みの合計値が同じであれば、シフトレバーの引き量が同じになるので互換性があると言えるでしょうが、ギアをチェンジする度に差が広がっていくようでは、どのギアに合わせても、その前後のギアしか使えないことになります。基本的には、シマノのスプロケットには、カンパのエルゴパワーレバーはマッチしないということですね(裏技はあるようですが、そこまでは・・・)。

ということで、このSHIMANO版リアホイール(タイヤ)を使うためには、SHIMANOの10sSTIも必要になるようです。でも、2〜3枚のギアを使って、Myリアホイールが使用(酷使ではありませんが)に耐えることだけは確認しようと思っています。


2017/03/14(Tue) 11:59:06 [ No.122 ]
◇ Re: カンパとシマノのスプロケット 投稿者:牛ちゃん
SHIMANOの10sSTIに交換すると、ブレーキもSHIMANOに変更することになります。

輪行しなければ、ホイールを外したりセットしたりする必要が無いので、カンパのブレーキのままでもそれほど不具合(不自由)は無いかもしれませんが、輪行するとなるとホイールを着脱する頻度が高くなるので、ブレーキも交換した方が良さそうです。

シマノのリアハブにすると、ドミノ倒しのように、いろいろなパーツをシマノ化することになるようです。
 ハブ⇒スプロケット⇒STIレバー/ハンドル/チェーン⇒ブレーキ
調べていると、いろいろな機能をアップしたパーツが出ているようです。試してみたくなりますね。

2017/04/11(Tue) 18:54:03 [ No.124 ]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Modified by isso