018799
シニアな日々と自転車

1: 腰椎間板ヘルニアのその後 (0) / 2: トレーニング用のタイヤが変形した (0) / 3: カンパとシマノのスプロケット (2) / 4: 久々のロードトレーニング (1) / 5: ファルトボートは手放すことにしました (0) / 6: 1時間のマシントレーニングにチャレンジ (0) / 7: 近況 (0) / 8: 少しずつ慣れてきました (0) / 9: 6ヶ月ぶりのマシントレーニング (2) / 10: サイクリストが出てきましたね (0) / 11: 3月からトレーニングを再開 (0) / 12: 腰椎間板ヘルニアを患う (0) / 13: 旭岳ロープウェイ山麓駅 (5) / 14: 早朝ラン (1) / 15: 北海道2017 (5) / 16: 蝉が鳴き始めました (0) / 17: 九千部山 (1) / 18: 猪野ダム (0) / 19: トリプル用のクランクとチェーンリングを差し上げます (2) / 20: メカは進歩していますね〜! (0) /

[ 指定コメント (No.106) の関連スレッドを表示しています。 ]

◆ トルクレンチを使うぞ! 投稿者:牛ちゃん
◆ トルクレンチを使うぞ!これまでは、自転車のパーツを取り替える時、トルクレンチを使用せず、いい加減に(それなりには真剣ですが・・)ボルト等を締め付けていましたが、締め付け過ぎてパーツを駄目にしたこともあり、今回は、きちんとトルクレンチを使って締め付けることにしました。

すでに中型のトルクレンチ(指定範囲が10〜60Nm、写真の右側)は所有しているので、今回だと、ボトムブラケットの取り付けやクランクボルトの締め付けには対応できますが、フロントディレイラーの取り付けには使えない(中型のトルクレンチの指定範囲外)なので、小物の取り付けには、小型のトルクレンチ(写真の左側)を新たに注文することにしました。

そのうえで、改めてボトムブラケットの締めつけから再開しますが、中型のトルクレンチでの作業を終え、小型のトルクレンチの到着を待っているところです。

到着までに、いろいろと検討を進めていますが、どうも、トルクレンチと「Shimano TL-UN74-S BB用 アダプター戻し工具」は相性が悪い(というより繋ぐためには、六角ソケットやソケットアダプターを間に入れる必要があって、実用的ではないようだ)ので、トルクレンチを使ってBBを外したり取り付けたりできるアダプターを探してみましたが、パークツールにボトムブラケットツール・BBT-22を見つけました。

BBにShimanoTL-UN74-Sをセットしてスパナを回すだけでもぐらつくのに、BBにBBT-22をセットし、さらにトルクレンチを繋ぐので、本当に使い物になるのか、ぐらぐらして使い物にならないのではないか、という心配はありますが、とりあえずやってみることにしました。


2017/01/25(Wed) 17:44:06 [ No.106 ]
◇ Re: トルクレンチを使うぞ! 投稿者:牛ちゃん
トルクレンチTW-6の頭についているボタンを押してボトムブラケットツールBBT-22を嵌めれば、ツールどうしがきちんと固定されるので、片手でBBT-22がボトムブラケットから外れないように押しつけながら、もう一方の手でトルクレンチを使うことができ、全然問題なく作業することができました。

これで、トルクレンチによるボトムブラケットの締め付けも無事に終了です。

2017/02/05(Sun) 20:17:54 [ No.111 ]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Modified by isso