027326
シニアな日々と自転車

1: 新旧サドルのレール長について (0) / 2: 猪野ダムは山肌?が剥き出しに・・ (0) / 3: シフトレバーの組付けを終了 (0) / 4: エルゴパワーレバーの分解 (0) / 5: エルゴパワーのオーバーホールに挑戦 (0) / 6: トリプル用のクランクとチェーンリングを差し上げます (5) / 7: STIレバーをエルゴパワーレバーに戻す (0) / 8: 転倒から2週間 (0) / 9: 心身の痛みも少しずつ癒える (0) / 10: とりあえず病院へ行く (0) / 11: 久しぶりに自転車でこける(自転車ごと転倒!) (0) / 12: 股関節&腰回りの筋力強化 (0) / 13: 電車/列車での輪行を考える (0) / 14: 金毘羅さんの長〜い階段も上り切れました (0) / 15: 久々の灯台探訪です (0) / 16: e-BIKEなるものが流行り始めているらしい  (0) / 17: 快適ないちにち (0) / 18: 久々のロード2 (0) / 19: 久々にロードを走ってみました (0) / 20: 久々にロードを走ってみました (0) /
おなまえ
合い言葉 ※必須、「のんびりし」と入力して下さい
上の合い言葉欄には「のんびりし」とひらがなで5文字入力してください
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
添付File  (300kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

◆ 新旧サドルのレール長について 投稿者:牛ちゃん
◆ 新旧サドルのレール長についてサドルの形状や材質はどんどん進化していますが、サドルのレールも変わってきたことに気付きました。

この写真はサドルを裏側(下側)から見たもので、右側が愛用しているブルックススイフトの革サドル、左側が折り畳み自転車に着いていた普通のサドルです。ポイントはサドルレールの平行部分の長さです。サドルレールは平行部分が長いほど前後方向の可動範囲が広くなり、調整できる範囲が広くなります。

そういう面では、最近のサドルは前後の調整可能範囲を広くとれるようになっているんですね。ちなみに、サドルレールの平行部分の長さは、左側が8cm、右側が6cmでした。


2019/07/01(Mon) 08:48:21 [ No.191 ]

◆ 猪野ダムは山肌?が剥き出しに・・ 投稿者:牛ちゃん
◆ 猪野ダムは山肌?が剥き出しに・・久々(椎間板ヘルニアを患ってから初めて)に猪野ダムへ行ってきましたが、ダムの側面は地肌が剥き出しになって、上流側はダムの底まで水が枯れていました。自宅に戻って調べたところ、昨日の朝の時点ですでに貯水率は20%を切っているようです。

平年より3週間近く遅れている九州の梅雨入りですが、そろそろ雨が降り出しそうですね。貯水率は回復して欲しいものの、豪雨被害は勘弁して欲しいものです。


2019/06/25(Tue) 11:00:10 [ No.190 ]

◆ シフトレバーの組付けを終了 投稿者:牛ちゃん
◆ シフトレバーの組付けを終了エルゴパワーレバーのパーツの組み立て順番をYouTubeとパーツ図で確認したあと、パーツをグリスアップして、筐体に組付けたが、やはりコイルスプリングの組付けが力業なのでかなり難しかったね。力を入れ過ぎてコイルスプリングが折れることは無いだろうけど、力の入れ具合/加減が難しいね〜!。とりあえず、ここまではOKだろう!。

次は、ラチェット側の組み立てだが、こちらにはコイルスプリングが2個ついているし、構造が複雑なので、なかなか難しそうだ。最初は練習につもりでやってみるか!。

****************************************************

ラチェット部の組み立て(練習)を開始した。手順に添ってパーツをひとつひとつ慎重に組み付けていく。途中までは問題なく進み、いよいよリリースレバーをコイルスプリングに繋いで所定の位置に持って行き、EC-RE251で留める工程になったが、ここはコツと力が必要なようだ。コツというかパーツのそれぞれの役割を理解して組付けないと、最終的にきちんと動作しない、当たり前ではあるが・・。これにはパーツ図とYouTubeを見て、組み立て練習を繰り返すしかない。失敗を重ねるうちに理解も深まっていくだろう。


2019/05/10(Fri) 13:22:40 [ No.189 ]

◆ エルゴパワーレバーの分解 投稿者:牛ちゃん
◆ エルゴパワーレバーの分解エルゴパワーレバーのパーツ図とYouTubeのオーバーホール動画を参考にしながらエルゴパワーレバーを分解し、パーツクリーナーで洗浄しました。

このエルゴパワーレバーは使用期間が短かく、その後はずっと保管していたので、グリスは固まっていたものの、その下はきれいな状態でした。現在使用中のケンタウル3×10sとパーツが似通っているので、そちらの理解やオーバーホールにもすごく役に立ちそうです。分解で難しかったのはブレーキレバーを留めているピンを外す工程でしたが、レバーの内側から思い切って叩きだしたところ普通に外れました。長年ほったらかしだったので固くなっていたようです。また、渦巻きバネは組み立て(組み付け)にちょっとしたコツがありそうで難しさ倍増という感じですね。何回かトライしてはYouTubeの映像でやり方を再度確認することを何回か繰り返すことになりそうです。

この後、リリースレバー側に続いてレバー側も分解しましたが、真ん中のベアリングをどのようにして外そうかと悩んでいます。ベアリングの周りを軽くトントンと全体的に叩いていくのかな?。
⇒ラチェット側のベアリングを丸ペンチで摘まんで軽くひねったら簡単に外れた。ベアリングに挟まれていたワッシャーは千枚通しで引っかけて取り外し、シフトレバー側のベアリングはラチェット側から押し出したらこれも簡単に外れた。パーツクリーナーで丁寧にグリスを落とす。

レコード9sのオーバーホールは、あくまで練習なので、貴重なカンパニョーロのグリスは使わないことにしました。グリスアップでは、グリスを付け過ぎないこともポイントらしいので気を付けて実施します。エルゴパワーレバーの構造の理解はかなり進んで来たので、まずベアリング2個のグリスアップと筐体への組付けを実施しました。この後、シフトレバー部分の組み立てを実施しますが、パーツの組付け順番や裏表を間違えないように注意しながら、じっくりと楽しみ/記録しながら進めるつもりです。


2019/05/08(Wed) 21:31:32 [ No.188 ]

◆ エルゴパワーのオーバーホールに挑戦 投稿者:牛ちゃん
◆ エルゴパワーのオーバーホールに挑戦シマノのSTIレバーをカンパニョーロのエルゴパワーに戻しましたが、1年半くらい使っていなかったのでグリスの硬化等による動作の低下が心配でした。とりあえず戻してみて動作を確認しましたが、やや動きが硬いように感じるのは気分だけではないかもしれません。当面はスプレーグリスをスプレーして動きを滑らかにしようと思っていますが、並行してエルゴパワーレバーのオーバーホールを検討中です。

手元に、ちょっと型は古いですが、カンパニョーロレコード2×9s2001があるので、それでオーバーホール(分解/清掃/組み立て)を練習して、手順が十分に確認できた時点で走二郎のエルゴパワーレバーのオーバーホールに挑戦したいと思っています。

写真はカンパニョーロレコード2×9s2001右レバーをハンドルから外し、最初のカバー(EC-RE124)を外した様子ですが、現在は「スペアパーツ&工具カタログ」と現物を見比べたり、ユーチューブでオーバーホールの映像を見て勉強中です。


2019/05/01(Wed) 10:50:00 [ No.187 ]

◆ トリプル用のクランクとチェーンリングを差し上げます 投稿者:牛ちゃん
◆ トリプル用のクランクとチェーンリングを差し上げます使わなくなった、シマノアルテグラとTAゼファー(ZEPHYR)のクランク、チェーンリング(トリプル)を差し上げます。

アルテグラは、FC-6503トリプルでクランク長は170mm、PCDは130/74、2001年製で、SuginoRD5000Tの48tアウターと38tセンター、TA ZEPHYRの24tイナーが付いています。
TAゼファー(左の写真)は、トリプルでクランク長は165mm、PCDは110/74、2009年製です(チェーンリングを組み付けると、PCD110/74の48t/38t/28tができます)。

この他にチェーンリングがあります。
TA ZELITOはPCD74/24t、TA ZEPHYRはPCD110が48tと38t、PCD74が28tです。Suginoの110J-46Tもあり、これらは全て9/10Speed用です。

フロントのトリプル化を試したい/検討したい方には、ぴったりだと思いますよ。


2017/02/20(Mon) 11:30:08 [ No.112 ]
◇ Re: トリプル用のクランクとチェーンリングを差し上げます 投稿者:こんちゃん
牛ちゃん様、記事を拝見致しました。 TA ZEPHYRのクランク、トリプルをお譲りいただければと思いお返事差し上げました。まだお手元にありますでしょうか?

2017/05/13(Sat) 22:17:31 [ No.129 ]
◇ Re: トリプル用のクランクとチェーンリングを差し上げます 投稿者:牛ちゃん
はい、大丈夫です。TA ZEPHYRのクランク、トリプルは、まだ手元にあります。

それなりに使用感があるのと、着払いに了解であれば、送付先等を連絡下さい。メールアドレスはcharider@cside2.comです。

2017/05/14(Sun) 13:32:39 [ No.130 ]
◇ Re: トリプル用のクランクとチェーンリングを差し上げます 投稿者:霧風
牛ちゃん様、はじめまして。
今更ながらなのですが記事を拝見いたしました。

もしまだアルテグラFC-6503がお手元に残っているようでしたら
お譲りいただけないでしょうか?
(重量級のランドナーに組み込み予定です)

御返事いただけると幸いです。

2018/08/06(Mon) 19:32:48 [ No.169 ]
◇ Re: トリプル用のクランクとチェーンリングを差し上げます 投稿者:牛ちゃん
霧風さん、ごめんなさい。
アルテグラFC-6503は処分してしまいました。

幸いにといっては何ですが、TA ZEPHYR(TAゼファー)のクランク、トリプルは譲って欲しいと申し込みがあった方からその後の連絡が無くて、まだ手元に残っています(着払いと聞いて嫌になったのかな?)。
TA ZEPHYR(TAゼファー)トリプルで試してみては如何ですか?。希望される場合は、charider@cside2.comへメール下さい。

2018/08/10(Fri) 09:19:02 [ No.170 ]
◇ Re: トリプル用のクランクとチェーンリングを差し上げます 投稿者:牛ちゃん
TA ZEPHYR(TAゼファー)トリプルは霧風さんにプレゼントしたので手元にはありません。掲載が遅れて御免なさい!。

2019/04/29(Mon) 20:37:56 [ No.186 ]

◆ STIレバーをエルゴパワーレバーに戻す 投稿者:牛ちゃん
今回の転倒を契機にしてシフト&ブレーキ用のレバー(シマノSTIレバー)を長年慣れ親しんだカンパニョーロにエルゴパワーレバーに戻すことにしました。カンパニョーロは高価だしパーツを探すのも大変ですが、背に腹は代えられません。当然、リアのスプロケットもカンパニョーロ10sに戻します。

2017年秋まで使っていたエルゴパワーレバーをハンドルに取り付けたまま保管しているし、カンパニョーロ10Sのリアホイールもスプロケットとセットで残っています。フロントディレイラーとチェーン、リアディレイラーがシマノのままで、基本的には大きな問題は無いはずですが、戻してみて不具合が出たらその症状に合わせてパーツを取り替えたり調整するつもりです。

まず、ハンドル&ステムごとエルゴパワーレバーに交換し、リアもホイールごとスプロケットを交換しました。アウター&インナーケーブルを新品に交換して調整し、動作を確認できるようになりましたが、リアディレイラー/スプロケットロケット辺りから時々カタッと音がします。ペダルを静かに回しながら音がする箇所を探すとリアディレイラーから音が発生しているようです。よく見ると、リアディレイラーが少しずつフロント側に傾いていき、時々、カタッと音を立てて戻るのが確認できました。ケーブルの調整不良も考えてリアホイールをシマノに戻してみましたが、特に問題は無いようです。

こうなると、異音が発生する原因はチェーンかリアディレイラーしか考えられません。ネットで調べてみると10Sチェーンにはシマノ、カンパニョーロ、他のメーカー間にそれなりの互換性があるようなのでチェーンが直接の原因と葉考えにくいようです。そこで、リアディレイラーをシマノRD6700AGS(トリプル用)からカンパニョーロトリプル10Sに替えてみたところ異音が消えました。私見ですが、シマノとカンパニョーロのリアディレイラーのガイドプーリー間隔の微妙な差が重なってずれが大きくなり、それが戻ろうとする時に異音が発生したようです。この後は、試走して微調整します。

自転車のパーツを交換していると飽きませんね〜、やっぱり自転車は最高です。

2019/04/29(Mon) 20:09:03 [ No.185 ]

◆ 転倒から2週間 投稿者:牛ちゃん
自転車で走行中に転倒して頭と右肩を強打して2週間、どうにか日常の動きには支障が無い程度まで回復してきた。重い物を持ったり腕を捻るような動きをするとピリッとした痛みがはしるので無理しないようにセーブしつつ、少しずつ動きの幅を広げている。そろそろマシントレーニングを再開しようと考えていて、早めにロード走行も再開するつもりだ。

今回の転倒を踏まえて変更しようと考えていることもある。その一つがシフトレバーを慣れ親しんだカンパニョーロへ戻すこと。走行中の集中力を維持するためには不要な神経は使わないようにする。出来るものはなんでもやろう!というスタンスなので、タイヤの見直しもありかな?。よりグリップ力が高いもの、幅広になると走行抵抗が増えるが、グリップ力を優先する(MaX1.5インチまで)。タイヤの色(カラー)も同じで色より性能を優先する。、その他には、集中力を切らさないこと、2時間を超えたら休憩することを心掛ける。など、初心に返ること!。ちょっと大げさかな?。
⇒グリップ力を優先させたら現在のタイヤが一番のようだ!

2019/04/23(Tue) 09:01:50 [ No.184 ]

◆ 心身の痛みも少しずつ癒える 投稿者:牛ちゃん
病院でレントゲンを撮ってもらい骨に異常がないことを確認してもらったが、右肩/右手親指/首の左後ろは依然として痛みが強いので、しばらくは痛み止めを飲み、湿布を貼って安静にしているしかないようだ。

当日は、風が強くて特に横風が吹く場所ではハンドルがとられ気味だった。その後、山間ルートに入り風の影響が減ったので、ほっとして気を抜いたのは事実だ。体力を温存して次の上りに備えようとしていた時に転倒した。道に落ちていた木の枝にハンドルを取られて前輪がロックし、そこを支点に一回転して右側頭部/右肩/右頬から路面に叩きつけられた。初めは枝がスポークに挟まってロックされたかと思ったが、前輪のホイール/スポークをチェックしても曲がりや汚れなどの痕跡がなかったのでハンドルを取られて転倒したのだろうと思う。慣れたいつものコースだっただけに、ついつい油断したようだが、気を抜いてはいけない場所で気を抜いたのも事実だ。転倒の引き金となった瞬間がおぼろげなのがそれを示唆している。また、転倒の原因が油断や不注意だけだったのかも気になっている。

例えば、集中力が続かなくなっているとか、反射能力が落ちているということだ。年を重ねれば体のいろいろなところにガタが来るし、身体能力も低下していくが、それを認めたくないというのもまた本音だろう。疑いつつも否定する、今回の転倒はまさにそういう感じになっている。まあ、事実は事実として認め、それにどう対処するかということだろうが、心身ともに折り合いをつける必要があるようだ。能力が低下しているなら、何らかでそれをカバーするしかないし、まだまだ自転車を止めるつもりはないのだから。

2019/04/12(Fri) 21:26:03 [ No.183 ]

◆ とりあえず病院へ行く 投稿者:牛ちゃん
自宅でシャワーを浴びて、とりあえず病院(整形外科)で診てもらう。レントゲンでもひびや骨折は見られないことから湿布薬と痛み止めを貰って帰宅するが、多分、明日はもっと痛みが増すだろうとのこと・・・。

肩も痛けりゃ、腕も上がらない、首も回らないので、ちょっとしたことでも不自由だし、次第に痛みも増えてくるような気がするが、それ以上にショックを受けていて心も痛い!。

2019/04/10(Wed) 16:36:28 [ No.182 ]

◆ 久しぶりに自転車でこける(自転車ごと転倒!) 投稿者:牛ちゃん
何年ぶりだろう、自転車でこけたのは?。右側頭部、右肩の後ろ、右頬から落下して路面に強く打ち付け、右肩/右親指/首の左後ろにダメージを負う。頬や手の甲に擦り傷があるが、それは大したことは無さそうだ。右肩は打撲、右親指は突き指みたいな感じで首の左後ろは鞭打ち症になったような感じだ。頭はヘルメットで保護されたが、路面にぶつかったショックが首にきた感じだ。

自転車ごと転倒した理由は、多分、路面に落ちていた枝がスポークにはさまって前輪がロックしたか、枝にタイヤが滑ってハンドルが横を向き、強烈なブレーキがかかったためと思われるが、見事に空中で一回転して頭の右側と右肩の後ろから地面に叩きつけられた。最初に発した一言は、"痛って〜"だったが、身体が動いたのは不幸中の幸いだった。痛みが激しかったし、右頬の擦り傷も気になったので、トレーニングはそこで中止して自宅へ戻ったが、途中でウィンドブレーカーの右後ろが破れていることに気付いた。

(続く)

2019/04/10(Wed) 11:06:12 [ No.181 ]

◆ 股関節&腰回りの筋力強化 投稿者:牛ちゃん
来年は泊りがけのツーリングを再開しようと思っているので、自宅でのマシントレーニングや股関節ストレッチに加えて、『ウィリアムス体操』という腰痛体操を始めた。これは、腹筋・大殿筋・ハムストリングス・背筋のストレッチを行うことで、腰部にかかる負荷を軽減していくことを目的とした体操だそうで、体調を考慮しながら継続することで、一歩ずつ目標に近づけるはずだ。
最初は一歩前進二歩後退という場面もあるだろうが、無理せず諦めずの気持ちで取り組んでいきたい。

2018/12/23(Sun) 22:00:05 [ No.180 ]

◆ 電車/列車での輪行を考える 投稿者:牛ちゃん
いろいろな場所へツーリングに出掛けるためには輪行は不可欠だが、特に列車/電車での輪行で、どうしたら腰へのダメージを少なく出来るのだろうか。飛行機での輪行では荷物の移動にカートを利用出来るので腰への負担は少ないし、移動中は手荷物として預けられるので腰への負担は考える必要がない。でも、電車/列車での輪行では駅構内での移動(特に階段の上り下りやホームでの移動)で腰に大きな負担が掛かるので、腰椎間板ヘルニアを患った身としては不安だらけだ。その対策を思い付くままに列記すると、腰回りの筋肉を強化する(家庭菜園、自転車トレーニング以外の日は筋力トレーニング)、出来るだけ荷物を減らす、輪行時は腰痛ベルトを締める、走行時の腰への負担(蓄積)を減らすため定期的に休憩をとり腰を伸ばす、輪行時の階段を含む歩行/乗り換えは無理せずゆっくりと行い、時間は掛かってもエスカレーターやエレベーターを利用する、自転車便での配送も視野に具体的に検討する。

等々だが、来春に向けて具体的に検証していくつもりだ。

2018/12/17(Mon) 09:50:09 [ No.179 ]

◆ 金毘羅さんの長〜い階段も上り切れました 投稿者:牛ちゃん
◆ 金毘羅さんの長〜い階段も上り切れました一年ぶりの友人との会合で四国へ行ってきましたが、金毘羅さんの長い階段を上り切れ大きな自信になりました。
金毘羅さんは1995年の四国ツーリング#1の初日に途中まで上ったことがありますが、先を急ぐのと階段上りで足を使ってしまうわけには行かなかったので途中で断念したことがあり、今回が再挑戦でした。

椎間板ヘルニアへの影響が心配だったので、自転車マシントレーニングの要領で、ペースを一定にして上って行ったところ、予想以上にスムーズに上り切れ、筋肉痛は別としてヘルニアへの影響も気にならない程度です。ちょっと不安があっただけに上り切れた気分は最高でした。このままマシンやロードでのトレーニングを続けていけば、来春にはツーリングに復帰できそうだなと意を強くしました。

また、祖谷のかずら橋も渡ってきましたが、金毘羅さんの階段ほどスムーズではありませんでした。

少しずつアクティブになっている牛ちゃんです。


2018/11/29(Thu) 19:03:45 [ No.178 ]

◆ 久々の灯台探訪です 投稿者:牛ちゃん
◆ 久々の灯台探訪です久々の灯台探訪は山陰最古の石造灯台「美保関灯台(みほのせきとうだい)」です。

山陰の灯台探訪ツーリングは以前から計画(だけ)は作成していましたが、腰椎間板ヘルニア発症やばあさんの介護もあって時間がとれないうちに夫婦旅行が先になってしまったので、一部の灯台に寄って撮影してきました。探訪できなかった灯台は、別な機会をつくって自転車でたずねるつもりです。


2018/11/17(Sat) 07:52:08 [ No.177 ]

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Modified by isso