灯台の写真を撮るっ旅・六連島(下関)

Date:2004/03/27

JR下関から歩いて5分、竹崎町の六連島行渡船場に繋がれた六連丸です。 渡船場としての建物は特にないので、六連丸が繋がれていなければ、通り過ぎてしまいそうでした。

六連島まで20分、船賃は往復で570円でした。

地図をクリックすると拡大表示します。
彦島大橋の下から撮影した小瀬戸導灯(前灯/後灯)の遠景です。 六連島へ向う途中で六連丸の船上から撮った写真です。

こういう写真は、船上からしか写せませんよ。
響灘には、いろんな灯浮標があります。

灯浮標とは、船に暗しょうや、浅瀬のあるところを示したり、 きめられた安全なコースにみちびくため、 海にうかべられた標識で、 水面に浮かんでいる標体と海底におかれた重りはチェーンでつながれているそうです。灯光を発するものを灯浮標といい、光を発しないものを浮標というそうです。
灯浮標2
六連島漁港の近くに立てられたガイドマップです。

反時計廻りに、六連島を一周しましたが、結構アップダウンが多い島でした。
六連島港から数百メーターも行かないうちに、六連島灯台に繋がる階段が見えてきました。
これは珍しい。「燈臺局所轄地」という石碑が残っていました。
約60段の階段を登ると、六連島灯台が見えてきます。
時代を感じさせる英語表記のプレートです。

英語表記のプレートは、長崎県の口之津灯台とここだけでしょうか?。部埼灯台は、どうだったっけな?。
六連島灯台の敷地内に立っている「史跡 明治天皇御幸× 六連島 ××」?の碑。
明治天皇行幸の碑です。六連島灯台のすぐ近くに建っています。
高台から写した六連島灯台です。

六連島からは、「大藻路岩灯標」や「白州灯台」を遠望することができました。 次回は「藍島」へ渡って、「大藻路岩灯標」や「白州灯台」を撮りたいな。
高台から写した六連島漁港です。

六連島の西側には、花々を栽培しているハウスが並んでいます。海側には防風林があるため、展望が良いとは言えません。

メインへ戻る