晩秋の背振山系パスハント(坂本峠/七曲峠/板屋峠)

Hunting Date:2002/11/16

今回は背振の坂本峠、七曲峠、そして板屋峠を走ります。自宅から往復で90km弱の行程となる見込みです。

このルートはこれまでも何回か走ったことがありますが、今回はきちんと記録/撮影しながら走る予定です。

相棒は今回も「走二郎」こと、26HEツーリングです。

ルートマップをクリックすると拡大表示します。
那珂川町市の瀬の「市の瀬パーキング(中の島公園入口)」(標高約88m)。国道385号線の右側にあります。
車のデポに最適。トイレあり。22.4km
大浦の分岐点。右側を直進すると国道385号線で坂本峠へ。左方向へ進むと権現山方面。23.5km
南畑ダム手前の分岐点。左方向へ進むと南畑公園。25.3km
南畑公園。紅葉は写真よりず〜っときれいでした!。
南畑ダム上流の「新山神橋(しんやまがみはし)」たもとの紅葉は最高でした。28.6km
佐賀橋(標高約350m)、ここまで30.6km。直進すると国道385号線経由で坂本峠まで約2.4km、ここからがちょっと辛い。右折すると県道136号線で板屋峠へと至る。左折すると七曲峠。
坂本峠直前の分岐点です。坂本峠は右方向へと進みます。左方向は七曲峠。
坂本峠(標高540m)。左側の道を直進すると東脊振へ降りる。
峠の直前で猪を見かけました。野生の猪を見たのは初めてだったので、ちょっと興奮しました。

ここで折り返して七曲峠へと向かいます。33.4km
七曲峠へ至る丸山林道(町道丸山線)の入り口です。
七曲峠は直進。右折すると県道136号線(県道早良中原停車場線)で中原町へ下る。35.1km
七曲峠(標高550m)。ここから細い曲がりくねった降り道が続く。35.3km
倉谷集落の風景。集落は燃えるような紅葉に囲まれていました(写真ではそう見えないのが辛い!)。

紅葉の美しさに、途中で何回もハンドルを休めました。
国道385号線との合流点(標高約350m)。37.8km
途中の紅葉。時折、厳しい登りがある。
背振山への分岐点。右方向へ進むと板屋峠。左方向へ進むと脊振山。42.8km
板屋峠(標高653m)。冷たい風が吹き抜けていて、すごく寒かった。45.1km
県道56号線との合流点。右折して国道385号線へ向かう。55.5km