仙台/松島ポタリング

Puttering Date:2003/07/18〜19


仙台/松島ポタリングのスタートは仙台空港です。
JR線の乗り入れのための工事中でしたが、完成したらすごくアクセスの便利な良い空港になるでしょうね。

とってもきれいな空港でした。
仙台空港で自転車を組み立て中の牛ちゃんです。
今回は平坦なルートが多いので700cの走一郎を連れてきました。

自転車を組み立て終わってスタートする時は、霧雨が降っていました。
ここから海岸沿いに南下し、「鵜ノ尾埼灯台」を目指します。
県道125号線は海岸沿いに走っていますが、交通量も少なく快適に走ることができました。

海の音は聞こえるのですが、海は見えません。
亘理大橋からのぞむ阿武隈川河口です。

阿武隈川河口の風景−その2
鵜の尾岬から望む「松川浦大橋」です。予想以上に立派な橋でした。

工事中でネットに覆われていたの「鵜ノ尾埼灯台」です。せっかく九州から来たのに、これはないよね。

諦めきれずに周りをうろうろしたのですが、これ以上の撮影ポイントはありませんでした。がっかりです!。
鵜ノ尾埼灯台の代わりといっては役不足かもしれませんが、灯台の手前に建っていた「鵜ノ尾埼無線方位信号所」です。
今も現役なのかな?。

この後は、海岸沿いに南下し、JR鹿島駅から輪行して仙台へ戻りました。
今夜は仙台のビジネスホテル泊まりですが、寝る頃には小雨が降っていました。
6時過ぎに起床すると小雨が降っていました。天気予報は「雨ときどき曇り」。今日は雨装備でスタートです。

宮城県宮城郡七ヶ浜町の代ヶ崎港の沖に浮かぶ地蔵島に建つ無人の「地蔵島灯台」です。 この島の向かって左端に、波よけのお地蔵様がまつられているとこから、地蔵島と呼ばれているそうです。

松島での宿泊は丘の上に建つ「ホテル松島大観荘」です。

天候不順(雨)のため自転車でのポタリングは諦め、松島一周のクルーズに出発。一周約50分、もっと長いほうが良いんだけどね。

さまざまな島々と牡蠣の養殖棚がいっぱいでした。

松島観光船の手前が「仁王丸」、そして奥が「龍鳳」。どちらがお好み?。

観瀾亭から見る松島の風景です。「観瀾」とは、さざ波を観るという意味だそうです。

お抹茶を飲みながら眺める松島の風景もよかよか!。

メインへ戻る