お勧めの志賀島一周


アイランドシティ縦断道路が開通して以来、福岡市内から志賀島へのアクセスがとっても便利になりました。

写真は全長750mの「海の中道大橋」です。アイランドシティと雁の巣を結んでいて、橋の東側には広い歩道がついています。橋からの眺めも良いですよ。

片道2車線化の工事も始まっています。
雁の巣から海ノ中道までは広〜い直線道路が続いています。

道路の左側には、広い歩道がついていて、サイクリング、ジョギング、ウォーキングを楽しむ人たちがいつも利用しています。ロードレーサーは車道を走り、サイクリングやポタリングを楽しむ人は歩道を走るのが多いようです。

写真の右側には砂丘が広がっていて、JR香椎線は毎日、砂の侵食に脅かされています。砂丘側にも歩道がありますが、砂が浮いているので自転車で走行する時は要注意ですよ。
西戸崎から志賀島橋の手前までは道路が狭く、歩道も荒れています。その割には車が多いので、走行には注意が必要です。

写真は大岳松原からみた、志賀島です。
向かって左側が博多湾になり波も穏やかで家族連れ向きです。向かって右側は玄界灘側で波も荒く、いつもサーファーが群れています。 浮き砂や道路脇に駐車している車には要注意ですよ。
志賀島の先端に位置する下馬ケ浜です。志賀島をぐる〜っと一周すると約10kmです。

夏は海水浴客で賑わいますが、初夏の頃もサーフボードを楽しむ若者達でいっぱいです。
志賀島で最も高い標高165mの山頂に造られた潮見公園から見た海の中道です。

志賀島を自転車で走る場合は、いろんな組み合わせを楽しむことができます。
まず、ぐる〜っと一周。さわやかな潮風に吹かれ、マイナスイオンに包まれながら走るのは最高に快感です。 志賀島の先端手前にちょっとしたアップダウンがあり、それ以外はほぼ平坦なコースです。距離を伸ばしたい時は、もう一周!。

アップダウンが欲しい場合は、標高165mの潮見公園までのコースを加えることもできます。潮見公園からの展望も最高ですよ。
志賀島の東側には岩場が広がっていて、スキューバダイビングを楽しむグループを良く見かけます。家族で魚釣りをしたり、バーベキューを楽しむ姿も見ることができます。

走行ルート
メインへ戻る