ツーリング関西1

Touring Date:2000/05/03〜05/04

| はじめに | 移動&京都〜奈良〜五條 | 五條〜和歌山&移動 |

はじめに

1.日程 2000/5/3(水)〜5/4(木)の1泊2日
2.旅人 馬場武志(49歳)、牛嶋富博(49歳)のおじさんチャリダー2人。馬場ちゃんは奈良まで同行。
3.区間 敦賀←(輪行)→京都〜奈良〜五條〜和歌山←(輪行)→福岡。走行距離は約142Km。
ツーリング山陰2の後、敦賀から京都まで輪行してツーリング開始です。
4.装備 ・自転車:ブリジストン・レイダック RD−6(スポルティフ)。2人とも同じ車種です。
・今回はロングツーリングなので、ハンドルバックとデイパックの他にツーリングバッグを2個携行しました。
ツーリングバッグはシートピラーに取り付けたリアキャリアーに搭載します。その上にゴムのネットをかぶせてバッグが落ちないようにするとともに、洗濯物干し等にも利用します。
・地図はいつものようにツーリングマップル・関西を携行しました。
5.感想 ・今回は,日本(本土)一周ツーリングの最後の区間になるので、非常に想い出深いものになりました。
足かけ6年に亘る」つぎはぎだらけの日本(本土)一周」もいよいよ終わり。でも、自転車の旅はこれからも続きます。特に沖縄は早めに走破し「日本(本土)一周」を本当の日本一周にしたいと思っています。
・今回は2回のパンクを経験しました(それも同じ日の1時間内に2回も!)。1回は金属片によるパンクで、これは道路のきれいな部分を走る以外に防ぎようがありません。もう1つは衝撃によるパンク(階段を越える時にミスして階段の角にぶつけ、その衝撃でチューブに傷が入った)ものです。


1日目 移動&京都〜奈良〜五條

2000年5月3日(水) ツーリング初日、快晴、北東の風(追い風)、88km。

07:41 京都行きの特急雷鳥4号(湖西線経由)に乗車。
GW後半の初日のため列車はすごく混雑している。自由席車両は通路までいっぱいで輪行バッグを抱えて乗れそうにない。車掌さんのアドバイスにより駆け足で指定席車両に向い、乗降口にどうにか乗ることができた。
車内でサンドイッチとコーラを買って朝食。車内販売も乗客が多すぎて動けずに諦めた様子だ。
08:37 JR京都駅に到着し、さっそく走行準備。駅では走行準備中のサイクリストを何人も見かける。
09:10 出発、ツーリング関西1のスタートだ。天気は快晴。久々の都会で国道24号線に出るのに時間を食う。都会は車が多くて走りづらい。
09:45 桓武天皇・柏原稜に到着。すぐ裏が伏見桃山城でここまで約8.2km。
ここで階段の段差を越える時にミスして、後輪を階段の角にぶつけてしまったが、このミスが後で効いてくることに・・!。
GWで大渋滞している車の横を抜けるのに非常に気を使う。道路状況は悪くないのだが、気が抜けない。 そのうちに後輪が頼りない感じになり、ついには小さな段差でもガツンというショックを受けるようになる。スローパンクだ!。
やむを得ず自転車を停めてパンク修理(予備のチューブと取替え)。馬場ちゃんは気付かずにずっと先へ行ってしまった。
修理は終えたが携帯している空気入れでは十分に空気を入れることができない。早めにどこかで空気を補充したいのだが・・・。 追い風に乗りハイペースで馬場ちゃんを追う。車の渋滞は変わらず。
途中のコンビニで待っている馬場ちゃんを見つけて合流。状況を説明していると、またしても後輪がぺちゃんこだ。
タイヤをチェックすると、今度はちいさな金物が刺さっている。金物を取り除きタイヤを十分にチェックした後、馬場ちゃんの予備チューブを借りてパンク修理。まさか2度もパンクするとは!・・・。馬場ちゃんと同行(予備チューブが2本)だったことに感謝。
この後はパンクしないように十分に路面を選んで走行する。予備チューブがないので冷や冷やものだ。
12:35
平城宮・朱雀門に到着し、記念撮影。
守衛(ガイド)さん?に話を伺うと、10年後には宮廷も再現されとのこと。1000年後にこの門を訪れるのは、どのな人達なのかな?。
13:00 「ぎょうざの王将」で昼食、ここまで約43km。
食事しながら今後の計画を話し合う。この後は唐招提寺、薬師寺を廻り、そこから馬場ちゃんは福岡へ帰り、私は和歌山を目指すことにした。
昼食後にお寺(唐招提寺、薬師寺)巡り。観光客も多い。休憩中にパンクしたチューブをチェックするが打撲傷(スネークバイト)が2ヶ所ついている。やはり桓武天皇・柏原稜の階段にぶつけたためのスロー・パンクだった。とりあえず、携行している修理具でパンク修理。予備のチューブができて一安心。
ここで馬場ちゃんとお別れ。あとは一人で和歌山を目指す。追い風快調。
途中のサイクルベース・アサヒ橿原店で後輪の空気を十分に補充。サイクルベース・アサヒ"インターネット・ショップで何回か部品を購入した店で、店員の対応も良い。
田原本町のコンビニで電話帳を借り、五條市の民宿/旅館を捜す。民宿はなかったので旅館を捜し2軒目の藤井館をGet!。1泊2食付きで8,000円。

五條市まで国道24号線、国道169号線、県道35号線、県道120号線、また国道24号線を経由する。県道120号線は道は狭いが交通量が少なくのんびりと走れる。自転車にはお勧めのコースだ。テクノポートならの入口がピークで、その直前の坂が少し急な程度。
国道24号線は、ここも大混雑だ。
17:30 旅館に到着。チェックイン前に隣りの酒屋でビールを購入。本日の走行距離は約88km。
早速お風呂に入りゆっくりと汗を流す。風呂上りはまずビール、そして洗濯。
18:50 夕食。一人で淋しい。
今日はGWの車渋滞と2度のパンクで気が疲れた一日だった。でも体調は良好で、痛い個所もない。
明日の天気は晴れ、朝方は冷え込むそうだ。

明日は日本(本土)一周のゴール・和歌山、楽しんで走りたい。五條から和歌山まで約56km。


2日目 五條〜和歌山&移動

2000年5月4日(木) ツーリング2日目、日本(本土)一周のゴール、54km。

4時頃に1度目が覚めるが、二度寝してぐっすり。
05:45 起床。今日も快晴。ゆっくりと荷造り。
7時10分に朝食。7時半からの予定を早めてもらった。
07:45 出発。ここから和歌山までずっと下りかなと思っていたが、すぐに上り坂。結構アップダウンがある。
08:55 道の駅・紀ノ川万葉の里に到着。ここまで24.5km。
スタンプ押下&トイレ休憩。バイクでツーリングしている人達が多い。9時10分に出発。

途中から国道24号線は道幅も広くなり、非常に走りやすくなる。
10:45 JR和歌山駅東口に到着。ここまで54km。
ここが私にとっての日本(本土)一周のゴール地点だ。足かけ6年にわたる挑戦も終了!。感慨深い。
出迎えのお客さんに頼んで記念撮影。

列車の時間をチェックして輪行準備。時間は十分にある。
汗臭いシャツを着替え、キオスクで名物・柿の葉すし(さば)とビールを購入。
11:49 特急スーパーくろしお8号に乗車。意外と空いている。GWの観光客/帰省客はどこへ行ったのかな?。

柿の葉すし(さば)を食べようとして・・・。柿の葉も一緒に食べるべきか、柿の葉は外して食べるべきか?。両方試してみましたが、柿の葉は外して食べたほうがいいようでした。
12時50分にJR新大阪駅に到着。
13:30 新大阪発ひかり391号(レールスター)に乗換え。
かなり乗客が多い。福山まで隣りの席にうるさいガキが座り、昼寝もできず。
16:34 JR博多駅に到着し、鈍行列車に乗換えて17時15分に自宅着。

山陰と関西あわせて6日間のツーリングも終わりました。次ぎはどこへ行こうかな?。